服部内科クリニック
エスエル医療グループ サイトマップ 個人情報保護方針 お問い合せ
HOME 院長紹介 診療時間 診療案内 Q&A 最近の話題 アクセス

Q&A

Q&ACTによる狭心症の診断が可能になったと聞きましたが?
Q&AA型性格が心筋梗塞になりやすいと聞きましたが?
Q&Aひどい動悸が起こるのに心臓神経症といわれましたが?
Q&A高血圧で治療を受けていますが、いつも血圧が高いのですが

Q. CTによる狭心症の診断が可能になったと聞きましたが?(65才男性)

A
つい最近までは、狭心症の診断の確定は、心臓カテーテル検査を受けなければなりませんでしたが、1年程前から、最新鋭の多列CT(MDCT)を使えばカテーテルを挿入することなく、心臓の血管を描出することが可能となりました。従って外来にて数分の検査を受けることによって心臓の血管である冠動脈に狭窄があるかどうか判定することができ、狭心症の診断が出来ます。当院でも多くの患者さんにMDCTによる検査を受けてもらっています。特に狭心症の疑いがある人であまり重症ではない場合や正常との鑑別には極めて有用ですので、胸痛が有ったり検診で異常を指摘された方はどうぞご相談ください。

↑ページトップへ

Q. A型性格が心筋梗塞になりやすいと聞きましたが?(56才男性)

A
A型人間を血液型のA型と勘違いしている方も多いかと思いますが、A型とは血液型と関係のない性格、行動様式の特徴です。active(活動的)、aggresive(攻撃的)、ambitious(野心的)、angry(怒りっぽい)というような性格を持った人のことです。会社では、このような性格の人は、やり手として認められ、仕事は良く出来るのですがストレスを受けやすく、仕事や対人関係に強い緊張を強いられます。A型気質では交感神経の緊張状態が続き、そのためストレスを受けやすい状態になり、高血圧、高脂血症、糖尿病、喫煙とは独立した心筋梗塞の危険因子であることがわかっています。出世と健康とどちらかを選ぶのだったらほとんどの人は、健康を選ぶと思います。ストレスマネジメントを上手にしてリラックスすることが、動脈硬化を予防することにつながります。

↑ページトップへ

Q. ひどい動悸が起こるのに心臓神経症といわれましたが?(37才女性)

A
動悸や心臓の痛みを訴える患者さんは多くいますが、そのすべてが不整脈や狭心症というわけではありません。半数以上は心臓の検査では、何の異常も指摘されず、本人にはつらい症状があるにもかかわらず「あなたは問題ありません。」の一言で片付けられてしまう心臓神経症です。そのような時、心療内科の知識を持った循環器の医者がいると事態はまったく変わるのです。まず、今起こっている病態を十分に説明し、死に至るような重大な事態が起こらない事を説明し、少量の安定剤ととSSRIといわれる抗うつ剤を服用して頂くと死の恐怖を覚えるほどの発作がうそのように消えていきます。

↑ページトップへ

Q. 高血圧で治療を受けていますが、いつも血圧が高いのですが(70才女性)

A
血圧については厳密に血圧を下げることが、脳梗塞や心筋梗塞の発症を明らかに少なくすることが最近の多くの研究で分かっています。70才の方では血圧は140/90以下にすることが望ましいと高血圧学会のガイドラインで示されています。適切な薬を使うことによって、ほとんどの方で血圧をうまくコントロールすることができますので専門医にご相談ください。

↑ページトップへ


Copyright2006, Hattori Medical Clinic All rights reserved.